医療レーザー脱毛で全身脱毛するリスク

医療レーザー脱毛は、医療とは言っても全くリスクを背負わないで済むというものでもありません。
確かに安全性が高いことはメリットの一つですが、レーザーを照射することにより肌トラブルを巻き起こす恐れは少なからずあります。

 

レーザー照射による脱毛は、メラニン色素に反応し、毛と毛根を焼くというメカニズムで行われますので毛以外にメラニン色素があればそこにも反応してしまうので、日焼け跡などに対してやけどを負わせることがあります。

 

レーザーの設定次第でこのリスクは低減できますが、毛根を焼いて破壊するという工程のせいで、肌が熱を持ったままになったり、赤みを帯びることがあります。

現在のおすすめはハイパースキン脱毛

医療レーザー脱毛が効果が高いのはそのとおりです。ですが、敏感肌の方などは肌ダメージを気にされるなら、脱毛サロンのディオーネのハイパースキン脱毛がおすすめです。

 

ディオーネは脱毛サロンですが、脱毛自体が他のミュゼなどの光脱毛とは大きく違います。肌ダメージが少なく、顔脱毛にも最適な脱毛方法で、もちろん効果もあります。

 

そもそもデリケートな顔脱毛で定評であることじたい、ディオーネのハイパースキン脱毛が肌に優しいことは明らかです。

赤みが残ってしまう場合も

特に毛が密集している部分(濃いヒゲなど)に対しては、レーザーの光が集中しやすいため、一週間ほど赤みが残ってしまう場合があります。

 

もし、予め脱毛を完了させておきたいイベント日程などがある上で施術を受ける場合は、こういった赤みや腫れなどが出ることも考え、あまりにも直前に受けることは避けた方が良いでしょう。

 

火傷のレベルにまで達していないものであれば、自分でも冷やし続けたり保湿して労わったりしていればすぐに収まります。

 

しかし、例えば結婚式でドレスを着るためにだとか、海で水着を着るためにという目標が設定されており、その日から逆算して赤みが引かないかもしれない期間に施術を受けるのは残念な結果になる恐れがあるので注意して頂きたいと思います。

 

医療レーザーですので、肌トラブルが発生した場合にはそのままその医師に相談することで素早い措置を受けられるでしょうが、施術を受ける前の段階でもよく話し合ってなるべく肌に負担をかけることなく施術を終われるようにできると良いですね。